オフィスEcoシフト

照明を通じた省エネ

1. 照明を通じた省エネとは

近年、省エネの取り組みが進んだことで、日本全体の年間CO2総排出量は減ってきているが、オフィスや店舗などのCO2総排出量は増加している(2016年度は2005年度比で0.8%増加*1)。なかでも、照明が占めるエネルギー消費の割合は大きく、共用部分等を除いたオフィス専有スペースでは、照明がエネルギー消費の約20〜40%にものぼる。*2 毎日使う照明を見直すことは、省エネ、CO2削減に大きなプラスの効果がある。

また、省エネはコスト削減という経営的なメリットも大きく出る。LED照明や人感センサーを用いることで、年間数十万円の電気代削減になった例も多くある(一般社団法人 日本照明工業会の紹介事例)。

2. 施策

具体的な照明を通じた省エネ施策は主に3つである。

  • 1. LED
  • 2. 人感&照度センサー、こまめな消灯
  • 3. レイアウト変更、自然光の取り入れ

(1) LED

まず検討すべきなのがLEDの導入である。LEDは従来照明と比べて

  • 1. 消費電力が少ない
  • 2. 発熱が少なく、空調の効率化にもつながる
  • 3. 長寿命のため交換の手間が少ない
  • 4. 廃棄時も環境への悪影響が少ない

などと、長所が盛りだくさん。

LED照明の特徴は、一般照明と比べて圧倒的に長寿命・省電力なことにある。40形蛍光灯の場合、LED照明化により、およそ64%のCO2排出量の削減が可能になる。40形蛍光灯2本をLEDに変えるだけで、CO2削減量はスギの木約73本分が吸収する量(1,028kg)に相当する。(LEDが切れるまでの4年半で試算。大塚紹介調べ)そんな長所が多いLEDについてもっと知りたい方はこちら

(出典:大塚商会 LED照明で環境保護(CO2削減)

(出典:大塚商会 LED照明で環境保護(CO2削減)

(2) 人感&照度センサー、こまめな消灯

こまめな消灯も省エネに有効で、何より誰でも気軽にできるので取り組みやすい。それでも漏れは出てくるもの。照明と一緒に人感センサーを設置すれば、自動でこまめな消灯ができるようになる。人だけでなく、照明の明るさも検知し、自動で照度を調整するセンサーも好評だ(例:東芝ライテックのスマートアイセンサー)。
簡単な照度センサーやセンサー付き照明であれば、2,000 – 3,000円台のものも販売されており、オフィスの気になるところに付けるだけでも、手間なく省エネが始められる。

(出典:東芝 スマートアイセンサー)

(出典:東芝 スマートアイセンサー)

(3) レイアウト変更、自然光の取り入れ

実は、オフィスでは必要以上の照度を確保されていることも多く、それだけに無駄な電力を消費している。座席や照明の配置を変更したり、自然光を取り入れたりすることでも、コストを抑えた省エネが実現できる。

座席レイアウトの変更が頻繁にあるオフィスでは、照明の配線変更なしで照明レイアウトを変えるサービスもある(ご参考)。

また、自然光だと熱や紫外線もオフィスに届いてしまう課題を解決した、太陽光照明も注目されている(太陽光照明を取り扱うスカイライトチューブ関東インタビュー記事)。

3. 照明を通じた省エネの導入例

4. 導入のためのアクション

  • LED、人感センサーの導入
    一般社団法人 日本照明工業会が、相談可能な会社を紹介している。また、LED導入など省エネの取り組みでは国・自治体からの補助が受けられる場合もある。詳しくはこちらをご参照ください。
  • 太陽光照明
    さらに知りたい方は販売製品ごとの違いを説明したこちらをご参照ください。
  • 照明のエコ化のコンサルティング
    ユビニティー社KSエンジニアリング社など、コンサルティングサービスを提供する会社も複数ある。